At Times

定期的にとはいかないが、いま考えていること、かつての仕事などを振り返りながらエッセーを掲載していきたい。時間軸はランダムになるであろうし、ときには一つのテーマで続けていくこともあるかもしれない。

At Times

深まる秋に想うこと

 銀杏が地面に落ちているの見ると秋の深まりを感じる。近くの神社の参道には、いつもは足の踏み場もないくらい銀杏が落ちているのに、今年はとても少ない。 見上げると何本かのイチョウが剪定されていて、わずかな枝葉しか残っていない。2月ごろ確かに大...
At Times

25−芸術性と複製性のはざまで−2
町田隆要の画帖

町田隆要の孫にあたる加藤静子さんにお会いすることができた。以前、町田のポスターについて紹介したことがきっかけになった。新宿百人町にある自宅は47年前に訪ねた同じ場所だったが、現在はマンションになっている。駅からの町並みはすっかり変わってい...
At Times

24-身体的記憶とデザイン

デパートのエスカレーターが点検のために途中で止まっていた。4階から3階へは歩いて下りなければならない。歩いて下りると足の踏む出し方が不自然でなんともぎこちない。このような経験はこれまでにも何度かある。その度にぎこちなさを感じる。動いている...
At Times

23-書物は家のように ウオルター・クレインのデザイン

「この美しい家は線と色彩から成る構築物」 、とウオルター・クレインは書物を家に喩えた。表紙、見返し、扉(タイトルページ)、本文と続く流れは、門から入り、前庭、玄関、それぞれの部屋に続く流れと同じであり、書物をデザインすることは、家を設計す...
At Times

22–受け継がれてきたもの−原弘のデザイン

武蔵野美術大学美術館で「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」展が開催されている。原弘の仕事は、東京国立近代美術館をはじめ多くの美術館で紹介されてきた。ほとんどは戦後のポスターや装幀を中心にしたものだが、1920年代30年代に焦点を...
At Times

旅行はできなかったが

16、17日と平泉中尊寺に出かける予定だった。なかなか会うことができない息子との21年前のニューヨーク以来となる二人旅だ。話してみたいことがたくさんあった。この2週間ほどコロナ感染者数が急激に増えはじめ、行くべきか悩んだが、せっかくの機会...
At Times

21−芸術性と複製性のはざまで

先頃、立川市にあるたましん美術館に出かけた。「The Adventure of Fine Prints 版画からグラフィックアーツへ」と題した展覧会は、版画の来し方行く末を考えるうえで興味深いものだった。  版画は芸術性と複製性のは...
At Times

20–初夏の緑に包まれる

花粉の飛散量も少なくなり、数週間ぶりのウオーキング、木々や野山の緑があっという間に鮮やかさを増していた。昨晩の雨に洗われ空気も澄み渡り眩しいくらいだ。 コロナ禍で3度目の初夏を迎えたが、瑞々しい若葉に新しい命の息吹を感じながら前向きな気持...
At Times

19–ロシア絵本と光吉夏弥、原弘

先日、白百合女子大学で行われた沼部信一さんの講演会に出かけた。「光吉文庫のロシア絵本について」の講演は、午後1時から5時過ぎまでという長時間にもかかわらず、時間を忘れるほど刺激的だった。 ロシア絵本については、これまで『ソビエトの絵本』『...
At Times

紅梅に訪れる春

この2週間ほど、iMacの不安定な動きに悩まされている。その日によって動きが異なり、アプリが立ち上がるのに時間がかかることがある。特にメールの反応の鈍さに戸惑う。メンテナンス・ソフトを使ってチェックしても疑わしいファイルは見つからない。 ...
タイトルとURLをコピーしました